ナスの壺

ナスの壺

なすの育て方 ナスの栽培方法など 色々なナス
ナスについて ナスの料理など ちょっとした話


ナスは、日本ではトマトよりも歴史が長い野菜です。トマトが食べられるよりもずっと前から日本で栽培されていました。また、日本のように綺麗な紫一色のナスは海外でも特徴的なようです。日本各地にご当地ナスがあるくらい、さまざまな品種のなすがあります。

賀茂ナス、水なす、長ナス、小ナスなどなど緑色のナスも日本のものであります。このような日本人に親しまれてきたナスです。ことわざも数多くあるくらい身近なものでした。また、千両二号という品種もあるくらい、高級な野菜としての位置づけだったわけです。(千両二号が開発された時代には円になっています。)

また、ナスはとても美しい色合いをしています。日本のナスは一色で、色が茎やヘタ全てに綺麗に染まっているものが多いです。そのため、ナスの花も綺麗な紫色のものが多く、食べ物としてでだけでなく、観賞価値もあるような気もします。

ここまでの光沢感のある野菜はあまりないかもしれません。















ページのトップへ戻る