ナス栽培のマルチの効果?

トップページ
  |

ナス栽培のマルチは意味があるのか?

マルチの本来の目的


黒マルチ・・・雑草防止と地温上昇のためです。

透明マルチ・・・地温上昇効果が高いです。雑草は生えてきます。

銀色マルチ・・・雑草防止と、アブラムシ防止効果もあるようです。地温もそこそこ上昇します。

およそこのような使い分けがされています。

黒マルチが安くて手軽です。透明はあまり使う用途がわかりません。雑草が生えてきたら大変面倒なことになります。

マルチで水分を保持できないか?

マルチというのはビニールですので何となく水分を保持してくれそうな感じがします。

また、隙間を土で埋めれば完全に密封されたような状態できるますので、水分も多少は保持できるかと思います。畑などで夏場の水やりが大変で、マルチを貼ればこれが軽減できるのではないかと思い貼ってみたのですが、実際のところ乾燥防止の効果というのはあまり変わりはないようです。

確かに春先から夏に入るまでの間はマルチによって水分が蒸発せずに残っていることもありますが、夏に入るとこのようなビニールぐらいでは全く役に立たなくなってきます。また、使っているうちにだんだんとすきまがでてくるので、尚更効果が低くなります。マルチを張ると、その分地温が上昇するので、水分の蒸発も激しくなります。

また、マルチをはっているところは、根がとても土の浅い部分にはえていて、マルチの上を歩いただけで根が切れてしまいます。

そのようなこともあって乾燥防止ということに関しては、あまり効果がないように思われます。











ページのトップへ戻る