ナスの求める陽射し

トップページ
  |

ナスの求める陽射し

イメージとしては人間が日焼けするくらいの陽射しです。それも結構な日焼けをするくらいの陽射しが必要です。また、時間も長時間当たっていないと、元気よく成長しません。

これはあくまでもイメージですが。

とにかくナスは、畑の中でも一番日が当たる場所にうえるというのが基本のようです。また、古い葉っぱは取り去っていき、できる限り自分の葉で影を作らないようにしていくということにも気を使ったりします。

それぐらい日差しを強く求めている野菜です。実際に日当たりの悪い中庭と、何も遮るものがない畑で育ててみると、その違いが歴然とします。

日当たりの悪いところで育てたナスは、まず収穫できた数が十個程度でした。それに引き換え、日当たりの良い場所では50個以上収穫できたと思います。これはその分枝葉が旺盛に茂っていきよく伸びた結果でもあります。

また、日がよくあたらないと花が咲いて実にはなりません。日照不足によって、とても小さい蕾のまま大きくならずにいるような場合があります。これは栄養不足なのかと思い肥料を与えたりしてしまいがちですが、実際には肥料不足ではなく日光不足なのです。このように強い日差しはナスにはなくてはならないものなのです。











ページのトップへ戻る