ナスの支柱

トップページ
  |

ナスの支柱



用意する支柱


1mから1.2mくらいの支柱を用意します。

太さは、用意できれば20mm以上のものがいいですが、多少細くても大丈夫だと思います。

プランター栽培や、大きな木にならないナスは短く、細い支柱でも可能です。


ナスの支柱


ナスの支柱は、最低限で足ります。トマトやキュウリなどのように長いものはあまりいりません。

横に広がるタイプが多く、背丈も低いので短めの支柱を使います。1本のナスに2本から3本の支柱をクロスして束ねて、それぞれにメインとなる枝をしばりつけていくという方法が最も基本です。

それ以外には、きゅうりネットを貼ってそこに這わせていくという方法もあります。この場合、ネットの紐が実にこすれるととても傷がついてしまい、茶色く硬い部分が出来てしまうので注意が必要です。

3本仕立てにする場合は3本を結びつける場所があれば可能です。

なすの大きさ(背丈)は、育成環境によってかなり差があります。 プロがやっているのを見ると人の背丈よりも大きいのですが、個人でやっていると腰まで程度しかありません。何が違うのでしょうか?










ページのトップへ戻る