ナスの苗

トップページ
  |

ナスの苗


苗選び


ナスの苗
ナスの苗はとにかく大きくて丈夫なものがいいです。よく、軟弱でただ大きくされただけの苗は行けないと言われますが、よほど葉が薄くなっているようでない限り、葉の数が多く、枝葉も大きいほうがいいと思います。小さい苗はそれだけ実がつくまでに時間がかかりますので、収穫できる量が減ることになります。

しかし、あまり寒い時期に植えつけると、結局枯れてしまうので、あまり欲張ってもいい結果は起こりません。ビニールとマルチで保温して、万全の体制でできるかぎり大きなナスの苗を植えると、早く多く収穫できるかと思います。最近では、なすの苗のは色々な種類のナスがられています。賀茂ナスなどの丸ナスや細長い大長ナス、もしくは普通のます、またきれいな外国のナスなどです。これらが苗でかえるということはとても便利なことです。もし自分でこれらを作るとしたらとても大変なことだからです。

ナスを自分で種から苗まで育ててみるとよく分かりますが、100円でこれらの苗をかえるであれば大変ありがたいことだと思います。 感覚的に100円は安くて300円もすると高級な苗というイメージですが、それくらいの金額に見合った価値があると思います。今では接木苗でなければ300円も払う人はいないのかもしれません。










ページのトップへ戻る