筑陽ナス

トップページ
  |

筑陽ナス





九州の方を中心に筑陽という品種のナスが作られています。

これは以前は黒陽という品種だったのですが、それがさらに改良されて筑陽というものになりました。

これは長茄子と呼ばれるタイプのナスで関東の方のナスよりは大きくて長い、しっかりとしたなすです。

先端が少しとがり気味で、鋭い形をしています。特徴というのはやはり売られているサイズが大きいということでしょう。

サイズのわりに値段も安く、大変お買い得なナスだと思います。食べた感じは水分があり、柔らかくとてもおいしいです。ナスをたくさん使った料理を作りたい時にはこの品種を買うといいと思います。家庭菜園で作ってみるときには、あまり大きくせずに早く収穫するようにという解説がありました。

これは大きくするには、やはり時間や栄養分を大量に使い、数もそれほどたくさんとれないからなのだと思います。そのため、家庭菜園で少しずつ使う場合には比較的小さいうちにとって、使っていく方が良いのかもしれません。

その場合、大きさ的には千両二号と対して変わらない大きさで収穫するのだと思います。この品種はたくさん収穫できるということで有名な品種です。もしかしたら、この品種を使うことでたくさんのナスを収穫できるかもしれません。

また苗をインターネットなどの通販で買う時に、この品種が九州では本格的に生産されていますので、同じ地域の多品種のなすが容易に手に入る、特に、大きくて長い茄子がたくさんあり、これらの品種を同時に購入することができます。

また、その苗はかなり優秀な接ぎ木の苗の場合が多いです。










ページのトップへ戻る